Produced by WORK-J

お役立ち情報

履歴書の書き方

『履歴書』は、『職務経歴書』と並んで、応募先の人事担当者にとって重要なものとなります。今までの自分をアピールするためにも正確な記述を心がけ、丁寧に心をこめて書きましょう。
面接同様、相手にもその内容から誠意が伝わるものです。万年筆やボールペンで記入します。手抜きなどせず、基本的な内容は間違いなく記入し、書き損じは新しいものに書き直しましょう。修正液での訂正やコピーなどは厳禁です!

【履歴書作成の基本ルール】

自分に合ったフォーマットを選ぶ
  • 市販の履歴書の中でも自分の経歴やスキルをアピールしやすいフォーマットを選びましょう。データの場合は、自分仕様に変更してもOKです。
丁寧に書く
  • 字に自信がない人も、丁寧に心をこめて書きましょう。相手が読みやすいように心がけて書きましょう。
誤字、脱字、記入漏れに注意
  • 間違えたら、最初から書き直しましょう。修正ペンや修正液、訂正やコピーなども厳禁です。
事実を正確に書く
  • 手抜きなどせず、全ての内容を間違いなく正確に記入しましょう。
空欄に注意する
  • 全ての項目に記入し、空欄をつくらないようにしましょう。※資格や賞罰などの欄で特に書くべきことがない場合は、「なし」と記入しましょう。
書き込み過ぎない
  • たくさん記入したい場合は、『別添参照』に記入し、別書類に記入するか、職務経歴書や志望動機書に記入しましょう。
筆記用具に注意する
  • 黒の万年筆、ボールペンを使用しましょう。鉛筆やシャーペン、消せるボールペンも厳禁です。
手書きとパソコンで作成したものとを使い分ける
  • インターネットで募集されているもの→パソコンで作成も大丈夫です。ハローワーク・紙媒体で募集されているもの→手書きのほうが良いでしょう。※インターネットで募集している企業の中でも、手書きを用意したほうが良い企業もあるので、随時確認し指示を受けましょう。
必ず最後にチェックする
  • 記入後、誤字・脱字・間違いがないか、写真は貼付しているか、日付は記入しているかなど、全て最後まで確認後、送付しましょう。
送付前にコピーをとっておく
  • その後の面接のときの質問に備えて、コピーをとっておくと便利です。※志望動機や自己PRに記入したことを質問される可能性もあります。

【履歴書のサンプル】

  • 履歴書(表)
  • 履歴書(裏)
 
PAGE TOP