Produced by WORK-J

お役立ち情報

転職の心構え

【転職エージェントの選び方】

はじめに、「あなた自身の仕事において重視するもの、希望職種、希望業界、希望企業」などの転職希望条件と、現在のあなたの経験・スキルなどを確認して、今後の方向性について考えましょう。次に、あなたの希望業界や希望職種などの転職希望条件に合いそうな求人情報を持っている転職エージェント(人材紹介会社)を探します。

転職エージェントには、それぞれ特徴があります。特定の業界や職種に強みを持っていたり、求人情報の数がとにかく豊富だったり、転職活動に欠かせない書類選考や面接を突破するためのサポート体制が整っていたり、または経験豊富なキャリアドバイザー(コンサルタント)によるサポートが充実していたり、地元密着型の転職エージェントなど等、様々です。会社情報や求人情報で以下の点をチェックし、希望する転職エージェントを探し当てましょう。

チェックポイント!

  • あなたの志望する業界・職種に関する求人数や採用実績はどうか
  • それぞれの転職エージェントの得意とするサポート体制が、あなたの希望するものかどうか
  • キャリアドバイザーとの相性・フィーリング
    ※1社に絞らなくてもOKです。複数社選んでみましょう。

※問い合わせOKのところがほとんどですので、マナー良く問い合わせてみましょう。

【転職エージェントへのエントリーの仕方】

会社情報や求人情報をチェックし、希望の求人情報や希望の転職エージェントが見つかれば次はエントリーです。エントリーの仕方は、書類を郵送したり、メールで問い合わせたり、自社ホームページからの直接エントリーなど様々ですので、転職エージェントのエントリー方法に従って、エントリーしましょう。
転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの最初の接点となりますので、印象を良くするためにも充分準備しておきましょう。

チェックポイント!

〈エントリー前に準備しておくこと〉
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 希望の職種や勤務地、できれば業界を決めておく
  • 現職中の方は退職時期や入社可能な時期が伝えられるように決めておく
  • 質問したい項目をメモしておく

〈コンタクト時の基本ルール〉
(電話)
言葉遣い、かける時間帯・かける場所(周囲に騒音がないところ)に気をつける、メモの準備
※担当者不在時にはこちらからかけ直すようにしましょう。
(メール)
相手が読みやすいような文章、個人メール(会社メールは避ける)、テキスト形式、質問は簡潔に
(会社ホームページ)
エントリーフォームに従って項目は全て埋める。
※質問を記入する項目がない場合もあるので、あらかじめ問い合わせしましょう。
〈転職エージェントとのコンタクト時に確認すること〉
  • 登録から転職までのフロー
  • 今後の連絡方法
  •  
  • キャリアアドバイザーとの面談日時・場所
  • 既に気になる求人情報があれば、気になる点を問い合わせてみる
  • 利用にあたって、不明な点など

※問い合わせOKのところがほとんどですので、マナー良く問い合わせてみましょう。

スカウトの場合も同様の対応となります

【キャリアアドバイザーとの面談について】

転職エージェントのことを知るために、そしてあなたを知ってもらうための重要な機会です。まずは好印象をもってもらうことがカギです。スーツを着用し、身だしなみを整えましょう。履歴書・職務経歴書などが準備可能でしたら、ぜひ持参しましょう。当然のことながら、無断での面接キャンセルは厳禁です。
キャリアアドバイザーは、あなたの転職をサポートしてくれる担当者です。様々な質問から、あなたを知ろうとしてくれます。またアドバイスもしてくれます。あなたの今までの経験や職歴やスキルをアピールしながら、何か不安な点があれば、遠慮なく話してみましょう。一緒に今後のキャリアプランを考えてくれるはずです。

チェックポイント!

  • 時間厳守(約束の5分前には必ず到着を。万が一遅れる場合には、早めに連絡をする)
  • 身だしなみ、メイク、言葉遣い、態度(常識ある範囲内で対応を)
  • 受け答えは、落ち着いて、相手に伝わるような話し方、丁寧な言葉遣いを心掛ける

〈必ずある質問チェック〉
  • 今までの経験・職歴・資格など
  • 前職を辞めた理由
  • 入社希望日、(現職中の方は)退職予定日
  • 今後の志望職種、志望勤務地、志望業界などの転職希望条件
  • 今勉強していること、今後勉強しようと思っていること
  • あなたの長所(短所)
  • 入社日、転勤の可否

〈面談時の必須アイテム〉
  • 履歴書/職務経歴書
  • 筆記用具/メモ用紙
  • 印鑑
  • 公的な身分証明書
  • デザイン関係を志望している方は、今までの作品など
    ※あらかじめ、転職エージェントより面談時の持参物の案内があります。

※転職エージェントを利用しての転職活動に、何か不明な点があれば、遠慮なく面談時に聞いてみましょう。

【入社について】

転職エージェントを利用しての採用か否かの連絡は、一般的には転職エージェントから、あなたに連絡が入ります。めでたく内定の連絡であれば、あなたの返答を転職エージェントが企業側に伝える形となります。あなたは雇用条件、その他留意点をよく吟味して転職エージェントに返答しましょう。企業との面接時に、入社日については話が出ているとは思いますが、入社日について問題のある方は、その旨を転職エージェントに伝え、転職エージェントに交渉をお願いしてみましょう。必ずではありませんが、あなたの希望通りに進めてもらえる可能性もあります。

また、入社する前には、採用された企業から転職エージェントを通じて、労働条件を記載した書面が通知されます。再度、自分の労働条件を確認し、合意のうえで雇用契約を結びましょう。採用となったときには労働者の「権利」が発生すると同時に「義務」も発生することを自覚しておきましょう。
一般的には、転職後は、「即戦力」として期待されます。あらかじめ自分が何を求められて入社するのか、どんな結果を期待されているかなど、仕事内容や詳細を把握しておきましょう。転職エージェントの担当者に相談してみるのもよいでしょう。

チェックポイント!

  • 転職エージェントを通して、採用か否かの連絡が入る
  • 雇用条件(入社日、勤務地・仕事内容、賃金 (報酬)・賞与、勤務時間、勤務形態、時間外労働、休日、待遇などの福利厚生、その他就業規則に定めていることがらについて)をよく吟味する
  • 入社にあたり、必要書類など、準備するものを確認する
  • 事前に仕事内容や詳細を把握できるよう、転職エージェントにアドバイスをもらう

※企業は労働者を採用するにあたって、労働条件を書面で提示することが義務付けられています。
トラブル防止のために雇用契約書を交わしておきましょう。

【退職について】

現職中の方は、退職のタイミングも重要となります。転職活動の進み具合や、現職の引継ぎ期間なども考慮し、転職エージェントに相談しながら時期を決めていきましょう。また、今までお世話になった職場です。迷惑がかからないように、円満に退職日を迎えられるように配慮し、無理のない計画を立てましょう。
感謝の気持ちを表すためにも、立つ鳥後を濁さぬようにしましょう。せっかく築いた人間関係です。大切にしましょう。

チェックポイント!

  • 会社の退職のルールを事前に確認
  • 2ヶ月前には、業務の引継ぎなどを考慮し、直属の上司には、退職日を相談
  • 業務の引継ぎのため、資料などを整理
  • 会社の指示に従って退職手続き (雇用保険などが出る場合もあるのできちんと手続きを踏みましょう)
  • 1ヶ月前には、退職届を提出
  • 2週間前には、取引先やお世話になった方へ挨拶状を手配し、退職日前後に投函
  • 退職日当日は、身の回りを整理整頓し、お世話になった方々へ挨拶

やってはいけない辞め方

  • 連絡も入れずに、会社に行かなくなる
  • いきなりの退職(会社には退職に関するルールがあります。よく確認しましょう)
  • 会社の備品など借りているものを返さない、会社のものを持って帰る
  • 辞めるからといって、職場の雰囲気を壊すような言動や行動を行なう

※以上のようなことは、勤務先に迷惑をかけることはもちろん、トラブルに発展し、せっかく見つけた、次への転職をやむなく諦めることにもなるかもしれません。絶対に避けましょう。

■ マナーやルールを守って、自分のやりたい仕事を見つけましょう。■
 
PAGE TOP